忍者ブログ

K4nAのぶろぐ

かなのぶろぐ。 かなの徒然な日々を綴る。 ネトゲを中心にノンジャンルで提供していく、そんな予定。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Dual Sight考察② CT編

Dual Sightの考察2回目。
今回はCT(Counter-Terrorist、防衛)側の考察。
ds_ct.jpeg
基本は上のSSの通り。
青字は人数。

各名称は前回同様以下のSSに沿う。
DS_Ts2.jpg

■人数割り
CTでもっとも頭を悩ませるのが各ポイント毎の人数割りであろう。
今回は5vs5を想定して最もポピュラーであろう配置人数を記載。
①ポイント内、及び上部に合わせて2名。
②ポイント内に1名。それをフォローする形で地下通路からも1名。
センターを見るのがもう1名で、計5名。

SRを持つ人がシャッター~センター部屋付近をウロウロしながら②中とセンターに気を配るのが最も一般的か。

■①の守備
①の2名は以前別の記事でも書いたが、ポイント内で守りたい。
屋上部屋も選択肢としては無くも無いがキャットから見られてしまう上、見られた相手がSRだと万事休す。
またポイント上部やダブルドア付近だとキャットや待機室付近から狙撃され易い上、HEも気をつけなければならないため面倒。
ただし、①内に2名だとポイントの周囲を包囲される恐れもあるため、しっかり音を聞き、同時にポイント上部を通過する影にも気を配る必要がある。
また②が強襲された場合フォローに走る際は特にキャットに敵が残って無いか注意しながら移動する必要がある。
加えて2人とも地下通路から出ない様に注意。
一人はシャッターに回るなどし、挟み撃ちにしながら確実に削っていこう。
①を攻められた場合は特にSRに注意し射線を意識しながら敵からなるべく隠れる様にし、時間を稼ぎ援護を待とう。
ポイントの外と内から同時に対応すること。

こちらからは詰め難い。
かと言って守り易い構造とは言い難い。無理に前に出ず、じっくり待とう。

■②の守備
構造的に守り易い。
守りのパターンも色々と考え易く、洗面台まで詰めて意表を突くパターンやポイント内に引きこもるパターン等色々あり得る。
アンブッシュポイントも複数あるためラウンド毎に毎回違う場所に居ると言うのも不可能では無い。
ただし、洗面台まで詰める場合は梯子から降りてくる敵に要注意。

フォークリフトの周囲と、地下通路の周囲、洗面台周囲の3か所は上手くオブジェクトを使えば複数人相手に立ち回る事も不可能では無い。
上記の3か所は上手く使いたい。
また、シャッターのSRと協力して、敵を誘き出す等の連携も狙えるので練習してみても良いかと。

こちらからは比較的詰め易い。
もっとも地下は洗面台まで、そこから②待機所にHEを投げ込んで梯子からセンターを奇襲するのが面白い。
最速で走ればライフルマンでもほぼ同タイミングで到着するため条件はタイ。
意表を付ける分こちらが優位である。
ただし、地下を敵に明け渡す形になるため、地下rushだと目も当てられない上、逃げ場も無くなる。
背水の陣になってしまうのでその覚悟で。

■センター
SRの魅せ場。
空爆には要注意。
余裕がある様ならばセンター部屋からキャットを見るのも有。
野鯖だとARやSMGが詰めるパターンをよく見かけるがセンター倉庫はT側有利なのでクラン戦ではまず無理。
詰めるのは素直に諦めて空爆だけするのも手。ここからだと、救護室の出入り口付近に投げられる。
ここを抜かれると①も②も挟み撃ちにされる格好になるため非常に重要。
死なないことを念頭に置いて戦う事。

■総評
①は守りのバリエーションが少なくなりがちで何かと辛い。
無暗に抗戦するよりは味方の援護を待ってから打って出よう。
対する②は守り易く、また詰め易い。
守りのバリエーションも豊富なためかなり有利。
ただし、引き際には注意。無謀な交戦は自殺行為。
センター。
良く悪くも要。
ここがしっかりしてれば自ずと敵の攻撃は限定される。
センター通路を抜かれると①も②も攻められる可能性があるため超重要。

PR

Dual Sight考察

Dual Sight考察。
DS_Ts1.jpg
大まかな攻撃パターン3種。
A.①正面
B.センター
C.②地下
今回はこれらに限定する。細かいフェイント等は取り合えず置いておき、T側に注目して行く。
また、これらの考察は全てクラン戦を前提としておりある程度の連携を意識していることを予め記しておく。
また、各所の名所は以下のSSの通りとする。
DS_Ts2.jpg
 
 
■A.①正面
Tリスポーンから近い。その距離は②よりも圧倒的に短く、Rush向き。
比較的攻め易く守り難い構造でもある。
しかし、守り難い構造ではあるが、センター部屋やキャット等からすぐに援護が来るため①ポイント内を制圧した後も決して油断は出来ない。
特にセンター部屋付近にSRが居る場合が多く、援護にいち早くやって来ることもあるため、①ポイント制圧後はわざわざリスクを犯してまでセンター部屋を取る必要はないだろう。
 
また、注意点として①ポイント上を移動すると①ポイント内の敵に影が映りバレてしまう事があるため①ポイント上に出るのは①ポイント内を制圧してからにしたい。
(例外として、それを逆手に取ってフェイントとするのは有)
 
■B.センター
最も攻めのバリエーションが多く、展開の幅が広い戦略上重要なルート。
センター通路奥からセンター倉庫出口を見ているSRが比較的多いためセンター通路には安易に出ない事。
また、キャットや梯子から詰めてくる可能性もあるため常にカヴァーし合いながら動く必要がある。
ラウンド開始直後にセンターにダッシュすると空爆が飛んでくる事もあるため、回避し易いポイントマン以外は注意が必要。
と、言った具合に重要なルートではあるが同時に危険もいっぱい。
 
基本的に上記したSRの存在もありセンタールートなどと言っても実際センター通路を通って攻められる割合は低く、キャットや梯子から詰める事が多くなる。
しかし、単独で動くとキャットは①上の敵と撃ち合う必要も出てくるし、梯子を降りる際に上手く梯子に掴まれず、落下、音を聞かれると言う事もある。
よって、他のルートの味方と連携を取りながら動くことが非常に重要となる。
 
例えば味方が②で動いてる間に①へ移動したり、逆に②がそのまま攻められそうなら②に合流したりと機転を利かせる必要がある。
また特筆すべきは、空爆がし易いルートであると言う事。
センター倉庫の脇からセンター通路奥のSRに対しての空爆や救護室と倉庫の間の通路から①寄りのセンター部屋出入り口への空爆等その他色々な所に投げられるのは魅力。
空爆が成功すれば敵は必然的にその穴を埋めるべくポジションを変えなければならなくなる為動きやすくなるし、裏も掻きやすくなる。
センターはその選択肢こそ多いものの、単独ではその恩恵を最大限生かす事は難しく、他のルートの味方との連携が必要なルートである。
 
■C.②地下
野鯖だとよくこちらから突っ込んでいく人を見かける。
外的要因(裏取りや空爆等)による仲介を受け難く、敵と正面切ってぶち当たるパターンが最も多いためだと思われる。
 
しかし、それは裏返せばCT有利と言う事でもある。
どっしり構えられると崩すのに苦労する。
クリアリングポイントも多く慎重さが要求されるが、シャッターからSRに見られると、そうも言っていられない。
センターの味方と連携し、同時にセンター通路を詰めてもらう等の動きが必要だろう。
 
もし、Bルートから突入するならタイミングを合わせHEやFBを投げ込みクリアリングをしつつSGを焚きSRの射線を遮ると言った動きが必要となる、比較的攻め難いポイントだと言える。
 
■総評
Aのみ、Bのみの攻めは難しい。
センターを起点にしつつ、①や②に揺さぶりを掛け、じっくり崩して行く必要がある。
もし、①のみ若しくは②のみの攻めをするなら全員でRushを掛けるべき。
数的有利を作らなければ切り崩すのは難しい。
比較的攻め易いのは①だが、ポイント制圧後~設置までを踏まえると②の方が安定し易く、どちらを攻めるべきか悩む。
ケースバイケースではあるが、Aimで勝っているのであればB攻め主体が有効。

クラン戦ひどかった…

今晩のクラン戦は酷かった…。
Dual攻守交替でEmotionとやったのだが燦々たる結果に(´・ω・`)
最近遊べる時間がやたら短いからろくにAim練習も出来てないしなぁ…。

あ、あと課金してG36買いました。
使ってみた感じとしては悪くないですね。
まだ慣れてないけど、それでも扱い易い銃って印象。
でも、ストックを展開するモーションが邪魔だね。
あれがなければモット評価してもいいんだが、咄嗟の持ち替えが出来ないのは減点かな。
今はまだM4の方が評価は上。
今後馴れてくればまた変わってくるかも知れないけど。
AK>M4>G36>M16>G3A3

それと現在爆破MAPの考察執筆中。
書き終え次第順次報告予定。
まともにMAP研究する時間も取れないって話もあるから何時になるか分からないけど!

Dual改善?

Dualかなり良い感じになってきたかも。
SweEt
のサイトでほぼ毎試合の結果貼ってるが、昨日Terrorist、一昨日EmotionとそれぞれやりTerroristに勝利、Emotionとは引き分けた。
まぁ昨日のは、ながら教授の空爆のお陰による部分が大きかったけど…。
勝ちは勝ち!
ながら君が格好良すぎました。
 
1の守りも少しは板に付いてきたかなぁ。

DUAL SIGHT

昨日TERRORIST clanとクラン戦してて思ったが、DUAL SIGHTの①は守り難いなぁ…。
外やpoint上だとHEやSRの的だし、かといってpoint内だと囲まれるしで散々。
なんとかしないとなぁ。
取り合えずポジションのバリエーションを増やしてSRの的を散らす様にしないとお話にならないな。

最近の傾向として、T側ではM4、CT側ではAKを使用してるのだが①の守りに関してはM4の方が良いのかなぁとも思う。(比較的狭く、敵との距離が近くなりがちなため連射しても散り難い方が有利、、、だと思う)
守りでSMGは論外だし、機会があれば次はM4で守ってみようかとも思う。

個人的にDUALはTもCTも苦手なMAP…。
取り合えずなんか手を打たなければっ!


Copyright © K4nAのぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
K4nA
性別:
男性
職業:
社壊人
趣味:
広く浅く色々と
自己紹介:
最初のFPSは初代CoD。続けてMoHやSoF2を経験。
初代CoDのマルチが酷過ぎた事もあり、この段階ではFPSのマルチを本格的に遊んでいなかった。
その後AoE3やsimcity、Civ3等のStrategyにハマりFPSから遠のく。
韓国産のFPS?と言う事で触ってみたSAで本格的にFPSのマルチプレーにハマり現在に至る。
がっつりSC2行きます。
HN:K4nAの由来はニライカナイから
ニライカナイ=>カナ=>K4nA
ニライカナイは沖縄や奄美諸島に伝わる他界概念のひとつ。
理想郷。


blogram投票ボタン

カウンター

最新トラックバック

最新コメント

[09/05 NunNun]
[07/10 かな]
[07/09 wat]
[02/14 かな]
[02/14 yunn]

バーコード

ブログ内検索

最古記事