忍者ブログ

K4nAのぶろぐ

かなのぶろぐ。 かなの徒然な日々を綴る。 ネトゲを中心にノンジャンルで提供していく、そんな予定。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WarCraft Zei:Animate Dead

最近fabian入院の煽りを受けて、あまりSTINGで試合をする機会が無い。
非常に暇なのでまたWC3をやっています。
で、たまーに昔の自分のReplayとか、古いプロのReplayなんかを見たくなる時があります。
しかしWC3はその仕様上、旧verのReplayを見ようと思うと、そのReplayを撮ったのと同じversionのClientを用意しなければ見る事が出来ません。
よって、人によってはわざわざレジストリを弄ってWC3を複数本インストールしてver毎に用意していたり。
人によっては一度再インストールし直し、その後自分の見たいReplayのverのパッチを当てたりしています。
(WC3は最新のパッチが既に当てられている場合、旧verのパッチを当てる事は出来ない)
しかしそれは非常に面倒。

そこで今回紹介するのがWarCraft Zeiである。
利用方法は簡単で、まずこちらのサイトからWarCraft Zeiを落とす。
1.適当な所に解凍。
2.wczei-X(ver名)を起動。
3.最新版のパッチを落とすか聞かれるのでダウンロードする。
4.Folderから自分の見たいReplayを選択する。
5.そのReplayのverのパッチを落とすか聞かれるのでダウンロード。
6.自動でパッチが当てられReplayがスタート。
7.WarCraft Zeiを終了時に最新版に戻すか聞かれるので、次回BNetに繋ぐ時にダウンロードからするのが面倒な場合はここで戻しておく。

たまにパッチを落とす所でエラーを吐く場合があります。
その時はBlizzardのSupportから該当のパッチを落としてきて、WarCraft Ⅲフォルダに入れておくと解消される…ハズです。
これでお手軽に旧verのReplayも見る事が出来ます!お勧め!

PR


Comment

無題

  • fabi
  • 2009-07-25 13:39
  • edit
記事と関係ないけど
http://www.4gamer.net/games/036/G003673/20090721054/
ここで「逆に問題点としては、クローズに続きオープンβテストでも“ゲームが難しい”という一言で片付けられない事でしょうけど、初心者ユーザーのやり込み頻度が低い、リピート率が低いという事です。」

って書かれてるけどライトユーザーの為に正式では今以上に走り撃ちがあたるとかになったら流石にアレだよな・・・

無題

  • かな
  • 2009-07-26 00:35
  • edit
ライトユーザー取り込まないとやって行けないジャンルだからな。
パッケゲーと違ってプレーして貰えばその時点で収入が生まれる訳じゃないし。

とは言え確かにライトユーザーを意識し過ぎる余りにこれ以上のヌルゲーにされちゃやってられんわな。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © K4nAのぶろぐ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
K4nA
性別:
男性
職業:
社壊人
趣味:
広く浅く色々と
自己紹介:
最初のFPSは初代CoD。続けてMoHやSoF2を経験。
初代CoDのマルチが酷過ぎた事もあり、この段階ではFPSのマルチを本格的に遊んでいなかった。
その後AoE3やsimcity、Civ3等のStrategyにハマりFPSから遠のく。
韓国産のFPS?と言う事で触ってみたSAで本格的にFPSのマルチプレーにハマり現在に至る。
がっつりSC2行きます。
HN:K4nAの由来はニライカナイから
ニライカナイ=>カナ=>K4nA
ニライカナイは沖縄や奄美諸島に伝わる他界概念のひとつ。
理想郷。


blogram投票ボタン

カウンター

最新トラックバック

最新コメント

[09/05 NunNun]
[07/10 かな]
[07/09 wat]
[02/14 かな]
[02/14 yunn]

バーコード

ブログ内検索

最古記事